ユニバーサルデザイン

福祉という分野は経済に含まれているため、ここではユニバーサルデザインと表現しています。

どのような立場の人々も快適に暮らすことのできる社会の実現を目指しております。

少しの段差や、公共交通のあり方など、見方を変えると様々なことに気がつきます。都市デザインと防災の関係のように、日々自然と暮らす中に安全が含まれていることが理想です。一見素敵なデザインのように見えてユニバーサルデザインである街をつくります。

会の根底を支えるもの、それが子育てであり教育です。

今も昔も変わらない政治における足腰とも言えます。

心技体、精神と肉体、いかにその人の能力を伸ばし、社会の中でやりがいを持って生き続けられるか。そのための手法は自由であっていいと考えています。

現在の教育制度の枠組みを超えて様々な新たな手法を取り入れるべきです。

可能性を最大限発揮できる環境を整え、全世代が多様性を持って学び合える街にします。

  1. 健康寿命増進のための地域環境を整備

  2. 先進的認知症介護の推進

  3. 保育所等、児童福祉施設での保育に高齢者が活躍できる場の創出

  4. 農福連携をはじめとした障害者の就労環境整備

  5. 障がい者の経済的自立を促す就労支援

  6. 就労支援教育の全面的見直し

  7. 生活保護受給者の経済的自立支援体制構築

  8. 生活保護の医療扶助費適正化

  9. 車いすやベビーカーでも自由に動けるまちづくり

浜口たくやの政策 /ユニバーサルデザイン

© 2019 by fullswing.     hamaguchitakuya@gmail.com